妊娠しにくい生活習慣とは?

妊娠しにくい生活習慣とは?

現在では、6組に1組の割合のカップルが、不妊治療などを行う時代です。
妊活している人の中にも、病院に通っている人もたくさんいることでしょう。
不妊になる原因はいろいろありますが、日頃の「生活習慣」が大きく関係しています。
ですから、妊活中やベビ待ちさんに覚えておいてもらいたい、妊娠しにくくなる生活習慣についてこれからみていきます。
ぜひ参考にして、1日も早く待望の赤ちゃんに会えるようにしましょう。

■低体温、ストレス、肥満、運動不足や睡眠不足に注意
妊娠を望んでいるのであれば、基礎体温を測るのは常識かも知れませんね。
しかし、グラフにしたときに高温期がはっきりしなかったり、生理不順や不正出血があったりして排卵日を特定するのが難しい人もいるでしょう。
もしかすると、身体の内部が血行不良を起こして、冷えている「低体温」になっているかも知れません。
普段の生活で次のようなことはありませんか?
・入浴はシャワーのみで、湯船にしっかり浸かることが少ない
・仕事などで1日中座りっぱなしのことが多い
・下半身をガードルや補整下着で締め付けることが多い
・ダイエット中などで偏った食事内容である
・睡眠時間が短い
・普段から疲れやすい
・ストレスがたまりやすいと感じる

以上のようなことが多ければ、血行不良や低体温の可能性が高いです。
さらに、肥満傾向やストレス、睡眠不足の場合は、ホルモンバランスを崩しやすくなるため、妊娠しにくい身体になってしまいます。
生活習慣を改める努力をしましょう。

■膣内の細菌感染を防ぐ
ホルモンバランスの乱れや、間違った生活習慣と同時に注意したいのが、膣の中に細菌が入って感染してしまうことです。
ちょっと意外なことかも知れませんが、ウォシュレットに気を付けてください。
ウォシュレットを使用すると、細菌がまき散らされる可能性があるので、膣の炎症を引き起こすきっかけになることがあるのです。
ウォシュレットを使うときには、ノズルを清潔に保ち、膣周辺に細菌がつくのを避けるようにしてください。
また、生理用品はこまめに取り替える、タンポンは長時間使用しないなどに注意すると、細菌の繁殖によって不妊症につながることを防止できます。
膣の周りを清潔に保つことで、妊娠力をアップさせましょう。

■生活習慣を改善して妊娠力を高める
とくに身体に悪いところがないのに妊娠しにくいという人は、もう一度生活習慣を見直しましょう。
食事は、栄養バランスに注意して、なるべく手作りします。
ストレスをためないように、リラックスする時間を作り、自分なりに工夫してストレス発散をしましょう。
早寝早起きを習慣づけ、睡眠不足を改善します。
肥満も妊娠しにくくなる原因ですから、適度な運動は欠かせません。

毎日努力をコツコツと積み重ねていくことは、必ず妊娠力アップにつながります。
心と身体の健康を目指すことで、妊娠力が高まるのです。

妊娠力アップのために食べたい野菜と、その食べ方とは?

妊娠力アップのために食べたい野菜と、その食べ方とは?

妊活中やベビ待ちさんにお勧めしたい野菜があります。
ここでは、妊娠力アップが期待できる野菜と、その食べ方についてご紹介します。
毎日の食事作りに生かしてみてください。

●ショウガ
身体の冷えは妊娠力を低下させます。
身体を温めることで有名なショウガは、冷え性を改善してくれます。
ショウガは、そのままたくさん食べるのは難しいですが、薬味として使うだけでなく、すりおろしたものを紅茶に入れたりして飲むこともできます。
自分で工夫するほかに、市販のドリンクなどもありますので、積極的に摂取するようにしましょう。

●ニンニク
ニンニクは元気になれる食材として有名ですね。
血液の循環を良くしたり、身体の新陳代謝を上げる効果が見込めます。
生のまま薬味にするだけでなく、加熱して食べるとたくさん食べられますよ。
ニンニク数かけを皮付きのままラップで包んで電子レンジに入れ、約1分加熱します。
熱を加えると独特の臭いも少なくなりますから、グンと食べやすくなります。
そのまま食べるほかに、塩や醤油で味付けして食べるとおいしいですよ。

●アボガド
アボガドには、コレステロールを下げるはたらきのある一価不飽和脂肪酸を豊富に含んでいて、さらに質の良い卵子を作る助けとなります。
それから、オリーブオイルにも一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれていますから、オリーブオイルを使ったアボガドサラダは、卵子のためにとても良い組み合わせといえますね。

●カボチャ
カボチャは、ビタミンEをたっぷり含んでいます。
ビタミンEは、血液の流れをスムーズにするはたらきがあり、ホルモン分泌をサポートしてくれます。
代表的な食べ方の煮物や天ぷらのほかにも、サラダや、軽く焼いたものをメインディッシュに添えたり、ポン酢をかけて食べるのもおいしいですよ。
また、スープにしたりと工夫次第で料理の幅が広がる食材です。

カボチャだけでなく、緑黄色野菜には血行を良くする成分が豊富に含まれています。
なかでも旬の野菜は栄養をたくさん含んでいるため、季節に合わせて旬の野菜を積極的に食卓にのせるようにしてください。

妊娠力がアップする食材を食べるのも大事ですが、バランスの取れた食生活を送ることが何より大切です。
なるべく手作りの食事を心掛けて、生活リズムを整え、妊娠力を高める努力を怠らないようにしましょう。

こちらもどうぞ>>>>>葉酸サプリ


TOP PAGE